横浜市栄区の内科、循環器内科、横浜さかえ内科

045-897-5515
神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷1丁目15-2
長嶋本郷台マンション2F
 
午前:9:00~13:00
午後:15:00~19:00
土曜:9:00~14:00
                                         


フェイスブック
※上記アイコンをクリックするとFacebookページにリンクします。
         
※上記アイコンをクリックするとTwitterページにリンクします。

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

 

禁煙外来ご希望の方へ


ニコチン依存症とは?
 

やめたくてもやめられない喫煙習慣のことをいい、治療が必要な病気とされています。ニコチンは強い依存のある有害物質です。

各使用者のなかで依存症になる人の割合
ニコチンヘロインコカイン>アルコール>カフェイン

依存症になった人での禁断症状の強さ
アルコール>ヘロイン>ニコチンコカイン>カフェイン

依存症になった人でのやめることの難しさ
(アルコール=コカインヘロインニコチン)>カフェイン

すなわちニコチンはヘロインと同じくらいやめるのが難しいのです。


次の「ニコチン依存症を判定するテスト」であなたもニコチン依存症かどうかをチェックしてみましょう。
5個以上該当する方がニコチン依存症と診断されます。

 
自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
(イライラ、眠気、神経質、胃のむかつき、落ち着かない、脈が遅い、集中しにくい、手のふるえ、ゆううつ、食欲または体重増加、頭痛)
上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。
自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。


 

【禁煙指導の対象者】


禁煙指導を保険診療として行うには、以下の1.~4.を全て満たす必要があります。
 1.ニコチン依存症と診断された方 (上記テストでで5個以上該当する)
 2.ブリンクマン指数 200 以上の方(ブリンクマン指数: 1日の喫煙本数×喫煙年数)
 3.直ちに禁煙を希望している方
 4.禁煙指導手順に則ったプログラムを理解し、同意された方
 

 

 上記の1つでも該当しない方は、現在のところ、保険診療としての禁煙指導は受けられません。また、禁煙が成功しなかった場合、禁煙外来に再チャレンジしたい場合、前回指導から1年間経過しないと、保険診療は適応できません。
 
 バレニクリン服用後に、意識障害などの症状が出現し、自動車事故に至った報告があります。そのため、当院ではお仕事などの関係で自動車運転がどうしても必要な方などでは、ニコチンパッチでの禁煙治療を行います。
内服薬「バレニクリン」と貼布薬「ニコチネル」の違い
  バレニクリン ニコチンパッチ
通院期間 約3ヶ月 約3ヶ月
薬剤処方期間 12週間分 8週間分
通院回数 5回 5回
自己負担額(3割) 約18,000円 約12,000円
概要 ニコチンを含まない薬です。ニコチン切れによるイライラなどのニコチン切れ症状を軽くし、タバコに対する欲求を軽減します。さらに、喫煙による満足感を感じにくくし、喫煙願望を弱めます。 適量のニコチンを補うことでニコチン切れによる離脱症状をやわらげるお薬です。徐々にニコチン濃度を低くすることにより、比較的楽に禁煙に取り組むことができます。
形態 飲み薬 貼り薬
副作用 吐き気、頭痛、上腹部痛、便秘、お腹のはり、普段と違う夢をみる、不眠などの症状があります。 張り薬なので皮膚のかぶれなどの症状があります。ニコチンによる症状として、不眠、頭痛、めまい、ほてり、動悸、吐き気などがあります。
 
 
※吐き気のある患者様には吐き気止めを併用いたします。


■お子様に対して
 子供の受動喫煙に乳幼児突然死症候群、アデノイド、喘息、慢性副鼻腔炎、気管支炎、肺炎そして学力の低下が関係するといわれています。お子様が病弱であったり、学力が低いのは、実は本人のせいではなくて、両親の喫煙のせいかもしれません。

■本人に対して
 もちろん、心筋梗塞、脳梗塞、肺がんなどの命の危険性に直結する病気になりやすいのはもちろんですが、将来のアルツハイマー型認知症とも関係するといわれています。喫煙で10年寿命が短くなるばかりか、認知症によるご家族の介護負担を増やしてしまうかもしれません。

 女性の場合美容も気になるところですが、喫煙することによって”深くて長いしわが”できやすいと言われています。将来の見た目と大きく関係するといわれています。